導入すると何が変わる?太陽光発電の効果

メイン画像
各メーカーによって性能や保障内容、価格などがことなるのが太陽光発電です。
記事内検索
記事一覧

導入すると何が変わる?太陽光発電の効果

原子力発電の問題を皮切りにエネルギー問題が深刻化しています。
このようななかにあって話題になっているのが太陽光発電です。
うまく取り入れることができれば自家発電できるほか、あまった電気を売ってちょっとした収入にすることも可能です。
しかし太陽光発電といってもさまざまなメーカーから出されており、特長や値段に関してもかなりの差があるといわれています。
では具体的にどのような違いがあるのか比較してみましょう。
まず挙げられるのがシャープですが、実績・信用度が高く、製品も導入コストが安価だというのがその魅力になっています。
ラインナップに関しても屋根の形状に合わせて効率よく設置できる「屋根置型」と瓦屋根との調和が特長の「平板瓦一体型」がありますので、限られた屋根のスペースを無駄にすることなく有効活用することができます。
また太陽光発電でよく知られているメーカーとして京セラを挙げることもできますが、京セラはあのプリウスの電池を手がけていることでも知られているほど高い技術を持っています。
また日本で初めて住宅用太陽光発電システムを販売したことでも知られており、その信頼感の高さが特長になっています。
パワーコンディショナの変換効率が業界一番と言われているのが三菱電機ですが、無料保証期間もあるので品質の高さという点でもトップクラスだといえるでしょう。
パナソニックは日本以外でも評価されているメーカーですが、業界最高水準の発電量を実現したHIT太陽電池を開発したことでも知られています。
東芝は参入して間もないメーカーですが、高い変換効率とコンパクトにまとめられているパネルなどが特長になっています。
これらの国内の太陽光発電に対抗するのが海外のモデルです。
例えばサンテックパワーは中国に本社をおくメーカーですが、生産量世界1位を誇る太陽光発電機器メーカーといわれるだけあり、世界各国の大規模商業施設や公共機関などでも活用されているほどです。
アフターケアにも定評があり、25年間の出力保証と10年間のシステム保証があったりと、バランスよくなっています。
同様に海外のメーカーとして2001年にカナダで設立されたカナディアン・ソーラーも取り上げられます。
カナダで生まれただけあって、大雪に耐えられるようソーラーパネルの強度が強くなっているのが特長でしょう。
このようにさまざまな太陽光発電がありますので、それぞれの特長をよく理解したうえで選ぶと良いでしょう。