導入すると何が変わる?太陽光発電の効果

太陽光発電にはさまざまなメーカーや機種が参入していますが、どのようにシステムを選べばよいのでしょうか。
記事内検索
記事一覧

賢いシステムの選び方

以前にくらべてはるかに導入しやすくなったのが太陽光発電でしょう。
発電量や保証内容などにおいてさまざまな違いがあるのがこの太陽光発電システムですが、もっとも重要になるのが費用が早く回収できるシステムを選択するという点でしょう。
簡単にいえば変換効率が高く、設置費用が安いものが良いわけですが、カタログに表記されている変換効率だけをみても分からない場合があります。
例えばこの変換効率は、国際規格で定められた条件下で測定されたものになり、最高値考えたほうが良いでしょう。
実際に太陽光発電を設置してみると必ずしも理想的とはいえない状況になることもあります。
場合によっては電線や近隣の建物の影によって太陽光が十分にとれなくなってしまうこともあります。
それでカタログの数値だけを見るのではなく、「実発電量」という太陽光パネルを設置したときに実際に発電した値を考える必要があります。
この実発電量のデータは「SBエナジー」が、国内外の10社の太陽光パネルを自社の実験場に設置して採取した各社の太陽光パネルの発電量データから読み取ることができるようになっています。
最新のこのデータを見てみますとソーラーフロンティアが一番実発電量が多く、初期費用も安くなっていることがわかります。
さらに注目したいのが太陽光発電のシステムの違いによる価格の違いでしょう。
シリコン系の太陽光パネルというのが一般的ですが、CIS系の太陽光パネルは実発電量が多いためより効果的に初期費用を回収できるといわれています。
CIS系の太陽光パネルのメリットとしては高温時の出力ロスが少ないことや、太陽光パネルの一部に影がかかっても太陽光パネル全体の出力が低下しにくいということも挙げることができます。
それだけではなく、設置後のメンテナンスや、太陽光パネルの経年変化による出力低下なども計画にいれておくべきでしょう。
設備機器の不具合や出力低下というのは場合によっては避けられないものですが、しっかり保障があるメーカーなどもありますので、しっかり確認しておきましょう。
保証期間や保証範囲についてや、定期点検の有無や回数、有料か無料かなどもメーカーによって違いがありますので、あらかじめ確認しておくようにしましょう。
さらにパワーコンディショナや接続箱などには寿命というのがありますので、事前にどのくらいの寿命があるのかどうかなども確認しておきましょう。
このようなポイントをおさえて太陽光発電システムを選ぶようにしましょう。