導入すると何が変わる?太陽光発電の効果

産業用で太陽光発電を導入する場合のメリットやシステムなどをまとめています。
記事内検索
記事一覧

産業用のメリット

最近注目されている太陽光発電ですが、環境面やコスト面においてのメリットから産業などでも注目されています。
しかし産業用の太陽光発電は家庭用と様々な点で違いがあります。
公共産業用の太陽光発電には「系統連係型太陽光発電システム」と「独立型太陽光発電システム」というのがあります。
まずこの系統連系型太陽光発電システムですが、これはもっとも一般的なもので、電力会社と発電した電力を直接やり取りするというものになっています。
平成24年度固定価格買取制度がスタートし、10kW以上の太陽光発電システムは発電した電力をすべて電力会社に売ることができるようになりました。
それに対して独立型太陽光発電システムは、太陽光発電で発電した電力を蓄電池に蓄えて、必要なときに利用するというもので、電力会社に電気を売却することはとくに予期していません。
この太陽光発電を設置するには面積が必要になり、太陽電池容量を10倍した数値が必要な面積(m2)だといわれています。
さらに設置しなければいけないシステムとしては、太陽光のエネルギーを吸収するという太陽電池モジュール、そして取り入れた直流電力を交流電力に変換するというパワーコンディショナなども必要になります。
また産業用太陽光発電の場合には電気の規模も大きくなりますので、データ収集装置などを設置して、各種測定データなどを収集するようにする必要もあるでしょう。
このような産業用太陽光発電ですが、さまざまなメリットがあることでも注目されています。
まずはCO2を排出しないということで環境にやさしいですし、環境問題に積極的に取り組んでいるという企業アピールもできます。
ちなみに産業部門(工場等)からのCO2排出量は最も多いといわれており、大きな工場や事業所を持つ企業や公的機関などではとくに環境に対する意識が問われています。
受電電力量を削減することによってもさまざまなメリットがあり、たとえば10.20kWのシステムを導入した場合、予想される年間の発電量は約1万kWhにもなるといわれており、これは一般家庭2軒で年間に消費される電力に相当するといわれていますので、かなりの節電に貢献できるといえるでしょう。
さらに挙げられるメリットが、災害時なども非常電源確保になります。
とくに大規模な工場などですと避難場所などとしても活用することができますので、地元の住民たちへのアピールなどにも最適でしょう。
産業用の太陽光発電には上記のようなメリットがあり注目されています。
  • 這個春天推薦的抗老保養品請從這裡〜讓更加的光耀動人,春天的肌膚