導入すると何が変わる?太陽光発電の効果

導入のメリットや給付金のシステム、予算などを解説していますか。
記事内検索
記事一覧

導入についてのポイント

原子力発電の問題などによる電気代の値上げなどにより太陽光発電が注目されています。
では太陽光発電にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
まず挙げられるのがその電気代コストを減らすことができるというメリットでしょう。
もちろん毎日使用している家庭の電気の量と、太陽光発電システムによって発電される電気の量によって一概にはいえませんが、場合によっては光熱費が無料になるというケースも珍しくありません。
さらにそれだけでなく、発電した電気を売ることでさらに収入を得ることも可能になっています。
しかしこれに対してはメーカーや機種、設置する場所によっても違いがでてきますのでよく確認しておくようにしましょう。
このように注目されているのが太陽光発電ですが、国も設置を支持していますので、補助金を国、都道府県、市町村などからもらうことができるようになっています。
しかしどの場所でも補助金を支給しているわけではなく、補助金事業を実施していない都道府県もありますし、ある都道府県によっては予算上限というものがあり、その上限に達してしまった時点で受付が終了になってしまいます。
それでもし補助金などを受け取ろうとしているのであれば、事前によく確認しておくようにしましょう。
ではこれらの太陽光発電を設置しようとする場合、どのくらいの予算が必要になるのでしょうか。
もちろんそれぞれのメーカーや機種によっても違いがあるわけですが、目安としていわれているのが「1kWあたり47.5万円以下」と「1kWあたり55万円以下」という数字です。
しかし太陽光発電の人気と普及によって1kWあたりの金額は低下傾向にあるといわれており、販売店によって値段も変わってきているため上記の目安はあくまでも目安だと覚えておきましょう。
最近では太陽光発電の一括見積もりサイトなども増えてきており、わざわざ販売店に連絡をしなくても気軽に見積りをとることができるようになっています。
しかしなかには個人情報を抜き取るだけの悪質なサイトもあったりしますので、評判のよいサイトだけを利用するようにするのも良い方法です。
また連絡したり見積りを取るさいにはフリーメールなどを使うというのもひとつの方法です。
太陽光発電は十分に注目されているエネルギーであり、これからますます普及していくだろうといわれています。
導入の際にはエネルギー効率や、どのくらい設置できるのかなどもしっかり予測しておくと良いでしょう。