導入すると何が変わる?太陽光発電の効果

太陽光発電を導入する場合の設置コストを知るさいにはどのような点に注意できるのでしょうか。
記事内検索
記事一覧

実際のコスト

実際に設置しようとしても、どれくらいの費用がかかるのか不安になってしまうというのが太陽光発電になります。
では太陽光発電を設置する際にはどれくらの費用がかかってしまうのでしょうか。
大体の目安だといわれているのが、工事費込みで1kWあたり55万円だといわれています。
これは2012年度の国の補助金制度が関係しており、支給の条件のひとつとして工事費込みで1kWあたり55万円以下であると決められています。
それで見積りをとろうとする場合、1kWあたり工事費込みで55万円以下になっているかが重要になってきます。
このような太陽光発電ですが、一軒家で設置をしようとする場合、150〜300万円ほどの費用がかかってきてしまいます。
しかしこの設置の費用は太陽光発電パネルの値段だけではありません。
例えば「機器費(モジュールやパワーコンディショナーなど)」、「設置工事費」、「補助金の申請手続きやアフターフォローなどの諸費用」なども別個でかかってきてしまいます。
これらの費用は安ければ安いほど良いというわけではなく、各業者により、提供する技術や設計、アフターフォローの内容に差が出てきますので質をしっかり把握するようにしましょう。
値段や設置料金は高いものの、アフターフォロー体制や保証制度があったりすればトータルで見た時にお得になる場合もありますので、よく比較参考すると良いでしょう。
さらに最近では太陽光発電の広告なども増えてきていますが、広告では安く掲載していてもパネルのみの価格であったり、「機器費」「工事費」「諸費用」を総合していない場合があります。
具体的に見積りをすればわかりますが、なかには断りきれずに契約してしまう方もいますので、事前に理解しておくことが重要です。
そして見積りをするさいに注目できるのが発電量についてでしょう。
初期費用だけをみてみると発電量が少ないものが安くなるのですが、発電量が多ければ多いほど発電量は多くなり、毎月の電気代は安くなります。
特に今は新買取制度により売電価格が42円と高くなっているため、初期費用の投資回収期間が短くなる場合があります。
それで太陽光発電を導入しようとしているのであれば、毎月の電気代と売電収入はどの位になるのかを事前に計算しておきましょう。
最近では安さだけを強調している広告や、サイトなどがありますが、上記のようなトータルでの金額がいくらくらいになるのかを注意しておきましょう。
一括見積もりサイトなどもオススメです。