導入すると何が変わる?太陽光発電の効果

太陽光発電を導入しようとするさいの予算や注意点などを紹介していますか。
記事内検索
記事一覧

太陽光発電の導入

今もっとも注目されている新しいクリーンエネルギー、それが太陽光発電です。
しかし太陽光発電の難しいところとしていわれているのが、屋根の環境や材質によって、最適なメーカーや工事の仕様が異なってくるという点でしょう。
それで太陽光発電を導入しようとするのであれば、しっかり専門家などに見積りを出してもらうようにすることが重要です。
最近では太陽光発電のイベントや訪問営業などで、屋根などをチェックせずに見積りなどを出す業者もいるようですが、屋根の図面や月々の光熱費などの調査をしっかりしないとはっきりした金額は出せませんので、そのような業者で契約してしまうと金額のズレが生じてしまうかもしれません。
このような太陽光発電ですが、国や自治体の助成制度などもたくさんありますので、それらを活用するようにしましょう。
補助金は、1kWあたり3万円もしくは3.5万円といわれ、全体でみると約12〜14万円の支給になりますので、少なくない支給額だといえるでしょう。
このほかにも都道府県や市区町村でも既存の補助金制度を拡充しているところも多くなっていますので、よく市町村のホームページなどを確認してみるようにしましょう。
しかしこれらの補助金制度のなかには予算の上限があったりして、先着順で補助金が無くなってしまうことがあるので注意が必要です。
このような補助金のほかに注目したいのが2009年11月に始まった「余剰電力買取制度」、そして2012年7月からはじまった再生可能エネルギーの固定買取制度でしょう。
これらによって売電収入が多くなり、初期の投資金額の回収期間が短くなっています。
しかし注意点としては平成25年3月末までに電力会社へ受給契約申込をされた場合のみ、42円の買取金額が適応されるという点で、それ以降になってしまった場合、売電価格が変更になることもあります。
以前ですと太陽光発電は設置費用が高かったですし、電力の買取に関しても高い金額ではなかったためなかなか一般家庭では導入しにくいのが問題点でした。
太陽光発電の普及とともにシステムの値段も安くなってきていますし、設置費用などもリーズナブルになってきています。
またメーカーや機種などでも効率やコストが異なってきますので、しっかり見積りなどをおこなっておくのは重要です。
この点で便利だといわれているのが一括見積もりサイトですが、そのようなサイトですとふだん忙しい方でも見積りがとれますのでオススメです。