導入すると何が変わる?太陽光発電の効果

これから太陽光発電を設置しようとする場合、初期費用を抑えたいと思うものですが、どのような方法があるのでしょうか。
記事内検索
記事一覧

初期費用を抑える方法

最近とくに注目されているのが太陽光発電ですが、安く導入したいと思う方がほとんどでしょう。
初期費用が無料だという一条工務店の「夢発電システム」が注目されています。
これは初期搭載費用を全額、一条工務店グループが金利1%で立て替えてくれ、マイホーム購入の負担を減らすことができるというものになっています。
このサービスが出る前には家を小さくして、搭載費用を捻出したり、太陽光発電を新居に付けるのを見なおしたという方もいるようですので、「夢発電システム」はまさに画期的だといえるでしょう。
これと同じように初期費用を抑えるサービスが、「発電払い」というシステムです。
発電で得た電気代や電力会社に売ったお金を支払いにまわすというものになっています。
これらの細かい計算方法やシステムなどは一条工務店のホームページに載せられていますので、それらを参考にしてみると良いでしょう。
このような業者によるサービスなども活用できますが、ほかには国の補助金なども参考にすることができます。
例えばJ-PECの平成23年度補助事業制度では、最大出力10kW未満の太陽光発電システムに対して、4.8万円/kWが国から交付されることになっており、場合によっては一軒につき14万円以上も給付金がでる場合もあります。
さらに市区町村や地方自治体からも独自の給付金サービスなどを行なっている場合があるので、よくしらべて活用されるとよいかもしれません。
ちなみにサービスによっては上限額がきまっており、あまりに遅く申込をすると給付金がもらえない可能性もあるのではやめに申請をするようにしましょう。
太陽光発電は上記のような業者のほかにもさまざまな業者などで設置工事などをおこなっています。
もちろんどのメーカーの太陽光発電を使うかや、どの機種を選ぶかも重要になるのですが、どこの工務店で設置するのかは非常に重要になります。
その理由として挙げられるのがメンテナンスなどのアフターケアでしょう。
太陽光パネルにホコリなどが積もったり汚れてしまうと発電効率が落ちてしまうことがありますので、場合によっては定期的にケアをしなければいけない場合もあります。
さらに約15年後にパワーコンディショナの交換が必要になりますし、太陽光パネル、パワーコンディショナ、配線などが壊れる可能性もあります。
工務店や業者によっては一定期間の保証期間をもうけたりしていますので、それらの業者を選ぶと安心だといえるでしょう。