導入すると何が変わる?太陽光発電の効果

システムの価格にはどのような費用が関係しているのかや、補助金制度なども紹介しましょう。
記事内検索
記事一覧

システムの価格

数年前では太陽光発電というとあまり一般的ではないイメージがありましたが、現在では環境問題や原子力発電などの影響によって一般家庭にもだいぶ浸透してきています。
そのおかげで太陽光発電システムの価格も下がってきており、導入しやすくなっているといえるでしょう。
具体的な価格ですが、1kWあたり50〜60万円程度が相場だといわれており、一軒家で換算すると設置費用の総額は150万〜250万円前後だともいわれています。
それで国としてもこの太陽光発電導入の援助として、補助金等の措置を設けています。
例えば平成24年度の補助金額は、対象システムを構成する太陽電池モジュールの公称最大出力1kWあたり3万円(システム価格が55万円/kW以下)、または3万5,000円(システム価格が47.5万円/kW以下)だといわれており、一軒家では12〜14万円前後の補助金が受け取れるようになっています。
一般社団法人太陽光発電協会の太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)のホームページのなかでは詳しい情報をのせていますので、知りたい方はよく見てみると良いでしょう。
さらに多くの地方自治体でも補助金制度を設けていますし、金融機関でも「ソーラーローン」を用意している場合がありますので、それらも総合的に利用することができます。
このようにして太陽光発電を選ぶわけですが、プランニングと施工も重要になってきます。
設置する場所の向きや周辺環境も含めた立地を考慮しないと発電量は減ってしまいますし、今は良くても将来的に周辺の建物や樹木などが影になってしまう確立もありますので、それらもよく考えたうえで設置することが重要になります。
この点に関してはシミュレーション表(試算表)というものが業者にありますので、それをよく確認してどの程度の発電が見込めるのか、電気代がどのくらい安くなるのかなどをチェックしておきましょう。
施工業者に関しても太陽光発電には重要になります。
太陽光発電に関しては既存の建物にモジュールを設置することになりますので、屋根がその重さに耐えることができるのかどうかは重要になります。
屋根への固定方法も重要になりますし、屋根形状や屋根材に応じて適切な工事を行うことも重要になります。
どのようなモジュールを設置するとしても機器一式、設置架台、電気・設置工事費、諸申請などの費用が別にかかってきてしまいますので、予算を考える際にはその点も意識することが重要です。
さらに保証期間やアフターメンテナンス体制も重要になります。